TULLY'S COFFEE

どこでも手軽にショップクオリティーのおいしさを

朝の目覚め、仕事の合間に、
お出かけ先で、ドライブのお供に。
どこでも楽しめるラインアップをご用意しました。

Special

BARISTA’S BLACK

BARISTA’S 無糖LATTE

BARISTA’S AMERICANO

selection

コーヒーのこだわり

〜 原料豆から商品まで 〜

※ボトル缶商品のコーヒー原料豆における

1.原料豆

アラビカ種とは

コーヒー豆は大きく分けてアラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種の3種類に分けられます。「アラビカ種」はエチオピアが発祥の地と言われ、コーヒーが栽培できる赤道付近の地域の中でも、比較的高地で栽培されています。気象条件や病害虫の影響を受けやすく、とても栽培に手間がかかりますが、風味が豊かなため、高い評価を得ている品種です。

コーヒー豆について

コーヒーの原料となる豆は、実はマメ科の植物ではなく、熱帯に自生、もしくは栽培されるアカネ科に属する常緑樹で、その樹がつける果実の種がコーヒーのもとになります。コーヒーの実は赤く完熟し、さくらんぼに似ていることからコーヒーチェリーと呼ばれています。この実を割ると中から1対の種が出てきます。これがコーヒーの生豆です。この生豆を精製し、焙煎することで、皆さんがご存知の黒いコーヒー豆となるのです。

産地へのこだわり

コーヒー豆は主に、北緯25度線と南緯25度線の間のコーヒーベルトと呼ばれる範囲で生産されています。タリーズでは、世界各地のコーヒー豆それぞれの特長を活かせるようコーヒー豆を選定しています。
コーヒー本来のおいしさへのこだわりを追求しています。

2.焼きたて

※ボトル缶商品のコーヒー豆原料における

すべてのコーヒー豆を国内で焙煎。豆の特長を活かした焙煎により、
風味豊かな香味をつくります。そして、飲料工場に運ばれ2週間以内に粉砕されます。

使用するコーヒー豆原料は、伊藤園静岡相良工場を中心に、全て国内にて焙煎しています。焙煎後、全国の飲料工場に運ばれ、粉砕工程にうつります。

コーヒー豆は焙煎後、時間の経過とともに香りが減ってしまいます。

コーヒー豆の焙煎後、気体遮断性・保香性をもつ袋で保管。コーヒーから出るガスはバルブを通じて外に逃がしつつ、外気の侵入をおさえることで、風味の低下のもととなる酸素の接触を抑えます。

3.挽きたて

※ボトル缶商品のコーヒー豆原料における

粉砕した豆は時間の経過とともに酸化、香りが逃げて品質の劣化が進んでしまいます。そこで、飲料工場で粉砕した豆は24時間以内に抽出され、容器に詰められます。

4.淹れたて

一杯一杯にコーヒーのおいしさを引き出す”ベストショット”の追求は、
このバリスタズシリーズに引き継がれています。

ベストショットの精神を受け継いだ抽出

適温適切ドリップ

飲料工場ではタリーズショップにいるバリスタと同じように、気温や湿度などを考慮した丁寧な抽出を行っています。

タリーズのこだわり
  • 抽出直前に飲料工場でコーヒー豆を粉砕することで、挽きたての味わいを実現しています。
  • 雑味のないおいしさを目指し、コーヒーを「粗挽き」します。
  • 容器のキャップをするまえに窒素ガスを吹き付け、酸化・劣化のもととなる酸素を除去します。

酸素や光は品質劣化のもと。淹れたてのおいしさを守るため、キャップをする際、窒素を吹きかけ容器上部の酸素を除去します。また、アルミボトル缶で光による劣化を防ぎます。

line up